国産木材おもちゃをあそび倒す!! おもちゃ美術館

以前から木育玩具に興味がありましたが、なかなか高くて手が出ませんでした。
そんな中、国産木材のおもちゃを展示し、遊べる施設があると聞き、行ってまいりました。
そこでは木との触れ合いが作り出す豊かな時間が待っていました。

そんな四谷おもちゃ美術館を紹介します。

料金・アクセス

  • 東京メトロ副都心線、四谷三丁目駅から息子と歩いて10分弱
  • 子供(小学校まで)500円、大人800円、おとなこどもペア割引1,200円、当日再入場可能。
  • 営業時間は10時から16時

オススメ周辺立ち寄りスポット

  • 四谷消防博物館とアイランドバーガー
    消防車・ヘリコプターに乗りながら写真が撮れるオススメ博物館です。
    小さいお子さんに特にオススメ‼️
    また、周辺にはいろいろと食事処はありますが、美味しい手作りバーガーを食べてしっかり腹ごしらえしたい方はアイランドバーガーがオススメ。
    詳しくはこちらを参照ください。

オススメポイント

小学校跡地を利用した四谷ひろば2階が入口です。
外観が小学校なので通り過ぎ注意です‼️

この美術館の展示室では、展示品のおもちゃの一部で遊べるようになっています。
一部といってもざっと数えて10点以上はありますので、展示室だけでも見応えがあります。
そこを抜けると、国産木材にこだわった遊具、おもちゃに囲まれたおもちゃの森が現れます。

広いというわけではないですが、木の創る柔らかな雰囲気がゆったりとした気持ちにさせてくれます。
残念ながら息子には効用はなく、ダダダダーンとはしゃぎまわっていましたが。
木のボールプール、黒板、ツリーハウス、小屋などがありお子さんは大喜び間違いなしです。
小学校低学年くらいのお子さんまで、楽しく遊べると思います。

もう少し大きなお子さんは3階のおもちゃ工房やおもちゃの街で遊んでいるようでしたが、残念ながら今回訪れる時間がありませんでした。

3歳未満のお子さんには1階の木育広場が非常にオススメです。
こちらは、3歳未満限定のエリアなので大きなお子さんはいません。

そのため、小さいお子さんと一緒の場合は安心して遊ばせることができます。
小さい子向けの楽しいおもちゃがたくさんあり取り合いにならずに遊べるのも嬉しいです。

また、おもちゃ学芸員(ボランティア)の方が、一緒に遊び方を教えてくれたり、子どもと遊んでくれます。
みなさん大変親切で子どもにも慣れていらっしゃいますので、気を張らずに遊べるのも魅力です。
木育広場にはオムツ替えのスペースも併設されているのも嬉しいです。

最後に

大人は館内にお手洗いがないので館外に出る必要がありますのでご注意を。
なお2時ごろから入館者が急に増えていました。
ゆったりしたい方は、午前中の利用がより快適かと思います。

息子と私は、気付いたら閉館時間までたっぷり4時間お世話になっていました。
木の創る柔らかな雰囲気が、時間を忘れさせてくれるのだと思います。
みなさんも一度訪れてみてはいかがでしょうか⁉️

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA