メジャー動物の宝庫 多摩動物公園

息子と2人で久々に動物園に行ってきました。

息子がモノレールに降りたがっていたこともあり、今回はモノレール駅に隣接する多摩動物公園を目指し出かけてきました。

そこには子どもが大好きな動物が数多く展示されており、大満足のお出かけとなりました。

そんな多摩動物公園を紹介します。
(2017年7月下旬に訪問させていただきました)

多摩動物公園の施設紹介

アクセス

多摩モノレール 多摩動物公園駅から徒歩5分。
地図はこちらを参照ください。

料金(入園料)

大人:600円
中学生:200円
小学生以下:無料

営業時間

9時30分から17時まで。
休館日は、毎週水曜日。
詳しくは、公式ホームページを参照下さい。

多摩動物公園のオススメポイント

こちらの動物園、動物たちは、比較的広いスペースに放し飼いにされており、悠々と生活しているような感がありました。

また、展示されている動物たちは、子どもが大好きな動物たちばかりでハズレはありません、笑。

息子が大興奮した動物たちを紹介します。

外に放し飼いされているチーター。
のびのび散歩していました。

最近人気のサーバル。
夏の暑さで椅子の下で休憩中でした。

群れをなすフラミンゴ。
天井が広くケージは広々。フラミンゴ密度高めです。

自由に動き回るゾウさん。

現在改修中のライオン放し飼いエリア。
今は、ライオンは室内展示だそうです。

ライオンさんの”置物”との記念撮影で我慢しました。
(息子は、こちらの方が吠えないので安心だったかもしれません。)

キリンさんとペリカン。
ちょっとキリンとは距離があります。

昆虫館もあります。
入口にはバッタの大きな置物が。かなり本格的です。

息子は気持ちわるーいと言い早く出たがるのですが、館内が涼しいのでむねりんは癒されていました。
展示品は、綺麗な蝶などもあるのですが、息子はダンゴムシやゲンゴロウにハマっていました。
(気持ち悪いと言いながら、怖いもの見たさでツンツンしていました。)

実は昼からこちらの動物園を訪問したのですが、あまりの広さに公園の半分ほどしかまわれませんでした。

小さなお子さんと訪れるのであればベビーカーがないと辛いかもしれません。

ベビーカーは園内でレンタル可能ですが、500円とちょっと高めです。

最後に

動物たちのことを考えた作りだなと感じる園でした。

もう少し来園者視点で動線や見所を考えてもらえると来園者が増えそうだなと感じるところもありましたが、大人目線であって、息子は大変楽しんでいるようでした。

せっかく訪れるのであれば、1日遊ぶつもりで時間に余裕を持って来園されることをお勧めします。
また園内は起伏も激しいので動きやすい靴で来園した方が良いですよ。

今週末は人気動物に会いに多摩動物公園に行かれてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA