意外な穴場 ソニーエクスプローラーサイエンス

先日お台場へ遊びに行った際に、以前から気になっていた「ソニーエクスプローラサイエンス」へ行ってまいりました。
あのソニーの手がけるエンターテイメント施設ということで、ワクワク感もあったのですが、「混雑しているだろうな」や「2歳の息子にはまだ早いかな」という想いからなかなか足を運べずにいました。
ですが行ってみてびっくり、大した混雑もなく、息子も大満足のお出かけになりました。

そんなソニーエクスプローラサイエンスを紹介いたします。
(2017年8月中旬に訪問させていただきました。)

ソニーエクスプローラサイエンスの施設紹介

アクセス

りんかい線東京テレポート駅から2歳児の足で10分。
アクアシティお台場の5階です。
地図はこちらを参照下さい。

 

料金

大人(16歳以上):500円
子どもへ(3歳から15歳):300円

なお、再入館可能です。

営業時間

営業時間:11時から19時
休館日:毎週火曜日

詳しくは公式ホームページを参照ください。

ソニーエクスプローラサイエンスのおすすめポイント

大人でも楽しめるソニーの技術を紹介するテーマパークです。
息子が楽しめるか不安でしたが、小さい子どもでも遊べるものが意外に多く予想以上に楽しんでいました。
自分の足で歩き回れる年齢以上のお子さんであれば、満足すること間違いなしです。
参考までに2歳の息子が特に気に入った展示品を紹介します。

まず入ってすぐ、こちらのAR技術を用いて大スクリーンで遊べるスペースがあります。
顔や身体を認識し、顔が獅子舞になったり、身体が羽子板になったり、身体を使ったゲームが出てきたり、といろんなイタズラをしてくれます。

オンバと呼ばれるいろんな音が出てくる展示品。
いろんな音が聞こえるのであちこち移動して楽しんでいました。

携帯電話の仕組みを説明するセルラーキューブという展示品。
仕組みはともかく、様々な色に変わる箱に興味津々でした。

ソニーの特殊センサーを使用した展示品、サウンドカオス。
画面を撫でるといろんな色のボールが出てくるので、びっくりしながら遊んでいました。
小さい子どもでも遊べるようように台も準備されていました。


こちらは対戦形式のマーブルマーケットというゲーム。
お兄ちゃんたちに混ざって頑張っていましたが、リーチの差が違うため勝負にならず。
ルールが分かっていないのでお兄ちゃん達とワイワイと遊べて楽しそうでした。


息子が一番気に入っていたのは、このオーシャンスコープという展示品。
壁にタブレットをかざすと、お魚や亀さんが出てくるので、見つけた数を競うというゲーム。
息子はタブレットにあらわれる生き物に大興奮しっぱなしでした。

11時の開館直後に訪れて2時間ほど滞在していましたが、お台場という場所にもかかわらず、そこまで混み合っていませんでした。
おそらく、開館が11時と遅いため、昼食を食べてから訪れる方が多いからではないでしょうか。
実際に、12時から13時にかけて人が増えてきたように感じましたので、開館直後がお勧めな時間帯かと思います。

最後に

ソニーの科学館といった施設ですが、難しい内容をすっ飛ばして感覚的に遊べる展示品がほとんどです。
また、子どもに優しい施設になっているので、小さなお子さん連れでも安心です。

子どもの年齢が上がるごとに楽しみ方が変わってくる施設とも感じました。
次回訪問する際には、どんな子どもの成長を感じられるのかと楽しみです。

意外に穴場なお台場エリアに遊びに行かれてはいかがでしょうか!?

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA