家族で訪れたい スヌーピーミュージアム

2歳の息子がスヌーピーに興味が湧いたようで、六本木にあるスヌーピーミュージアムに行ってまいりました。

そこには子どもよりも大人が楽しめる空間が広がっていました。

むねりんはここを訪れるまでスヌーピーを二足歩行の不思議な生き物としか認識していませんでした。
ミュージアム入口で実は「ビーグル犬」と知りびっくりしたというほどスヌーピーについて知識がありませんでしたが、入館後はその世界観に魅了されてしまいました。

そんなスヌーピーミュージアムを紹介します。
(7月下旬に訪問させて頂きました。)

アクセス、料金

アクセス:東京メトロ六本木駅から子どもの足で徒歩15分

料金(当日):大人 2,000円、4歳から小学生 400円

詳細は、公式ホームページをご確認ください。

土曜日の13時頃訪問しましたが、当日券で入場することができました。
しかし、展示品の切り替わりの時期などは大変混雑するようで、前売り券を持っていない方の入場は抽選となるようです。
また、前売り券は入場料が200円引きになるので、予定が決まっている方は購入した方が、確実&お得です。

オススメポイント

六本木で数少ない子どもも楽しめる場所の1つです。

入口ではスヌーピーと写真が撮れます。

土曜日の13時頃の訪問でしたが混雑はさほどではなく、ほぼ並ばずに写真を撮れました。

入場するとすぐ、ミニシアタールーム(5分ほど)でスヌーピーの世界に誘われます。
音量も大きすぎず、周囲も暗くなりすぎないので、小さなお子さんでも安心です。

そこから先は、しばらく各キャラクターの背景の紹介と特徴的な漫画の抜粋が続きます。

こういう子クラスに一人はいましたよね、笑

主人公なのに可哀想なチャーリーブラウン氏

スヌーピーのファミリー達。むねりんはオラフがつぼ。

途中のスヌーピーの”もふもふ”背中で癒される息子。

そのあとにあるテレビルームでは、3分ほどのアニメが繰り返し上映されています。
その隣には、覗くと漫画が見える仕掛けがあります。
息子はこの仕掛けとテレビを往復して遊んでいました。

楽しいアニメが放送されています。

これなんだこれ?と覗くと。。。

スヌーピーが登場!

そして最後に大きなシアタールームでスヌーピーたちが演奏会を披露してくれます。
ちょっと笑える仕掛けもありますので、是非立ち寄ることをおすすめします。

(賑やかだけれどもなかなか進まない行列。

展示品コーナーは以上で、そこを抜けるとお土産コーナーです。

ここでしか買えないものも多いそうです。

特にファンではないのですが、手が伸びそうになっている自分にびっくりしました。
それだけミュージアムの完成度が素晴らしいということだと思います。

我が家は、1時間半ほどスヌーピーミュージアムでお世話になりました。

最後に

じっくり鑑賞できればとても素晴らしいミュージアムです。

ただ身体を動かして遊ぶスペースや動くキャラクターとのグリーティングがないので、小さな子どもには物足りないものになってしまいます。

そのため小さなお子さんと2人でまわるとどうしても、展示品をサーっと通り抜けることになってしまい滞在時間は1時間に満たないなんてことになりかねません。

入場料を考えるともっと楽しみたいですよね、笑

ですので、お子さんと2人ではなく、お子さんの相手をできる奥さんなどと3人体制以上で訪れることをおすすめします。

上記と料金を鑑みると、そう頻繁に行けるわけでもないので星2つです。

キャラクターミュージアムとしてのクオリティは高いので、訪問されていない方は、是非一度行ってみることをオススメします。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA