楽しい理数の旅 パナソニックセンター東京

お台場付近の国際展示場駅付近を息子とぶらついてると、パナソニックの大きな看板が見えたのでふらっと入ってみたところ知的な体験が待っていました。

そんな「パナソニックセンター東京」を紹介します。
(2017年6月中旬に訪問させて頂きました。)

アクセス、料金

  • アクセス: りんかい線、国際展示場駅から徒歩5分
  • 料金: 入館料無料です。(リースピア3階は有料)
  • 開館時間: 10時から17時まで。(月曜日は、定休日です)

詳しくは公式のホームページを参照して下さい。

周辺オススメスポット

  • 「東京都水の科学館」と「ロハスカフェありあけ」
    「東京都水の科学館」では、水遊びと水に関わる実験を体験できます。
    パナソニックセンターから徒歩15分くらいの距離ですので、せっかくなので行ってみると良いかと思います。
    水遊びができるので、お着替えをぜひ持参してくださいね。

また、小さなお子さんが一緒であれば、「ロハスカフェありあけ」でランチをするのがオススメです。
子どもとランチしやすい作りになっているので、のんびりご飯をたべれます

「東京都水の科学館」と「ロハスカフェありあけ」の紹介は、こちらをのぞいてみてください。

オススメポイント

「パナソニックセンター東京」では、数学や物理の法則を体験的に学ぶことができます。
息子が特に食いついたアトラクションは、下記のものです。

風がばーっと吹くと板がくっつく!、ベルヌーイの定理の再現。

カーブにボールを落とすとどこで落としても同じところにボールが入る!、放物線の焦点の再現。

ボードをひっくり返すと、真ん中に一番ボールがたまる!、二項分布の再現。

ボールがなかなか穴に落ちない!、ケプラーの法則の再現。

数式が物理現象と関連付いているところをみるのは、男のロマンではないでしょうか⁉︎

肝心の息子は、完全にボール遊びと思っている様でしたが。

訪問させて頂いたのは、土曜日でしたが人もそう多くなく沢山遊ばせて頂きました。

もう少し息子が大きくなったら、ニンテンドーゲームフロントや3階のディスカバリーフロア(有料)にもいってみたいと思いました。

また、1階にはオリンピック特設フロアがあり、金メダルと表彰台に上がれます!

綺麗なお姉さんから渡されたメダルに息子もまんざらなではない顔をして写真に収まっていました。

最後に

「パナソニックセンター東京」は、小さなお子さんから比較的大きなお子さんまで楽しめるオススメお出かけスポットです。
(小さなお子さんといっても1人歩きできるようになってからの方が楽しめると思います。)

この週末、お子さんと理数の旅に出かけてみてはいかがでしょうか⁉︎

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA