子育てパパの聖地 NHKスタジオパーク

息子が生まれてからというもの大変お世話になっているNHKさんの総本山「NHKスタジオパーク」を表敬訪問してきました。
そこには、子どもが大喜びする仕掛けがたくさん用意されていました。
そんなNHKスタジオパークをパパのお出かけ目線でレポートします。
(2017年9月初旬に訪問させていただきました。)

NHKスタジオパークの施設紹介

アクセス

渋谷駅から徒歩15分程度です。
地図はこちらを参照ください。


渋谷駅からバスも出ていますのでお子さんの状況に合わせて利用されてもいいと思います。
朝の10時頃だと渋谷の人混みも大したことはないので、行きは徒歩でも問題ないかと思います。
一方、帰りは道がたいへん混み合いますので、NHKスタジオパークから出ている渋谷駅行きのバスが便利です。(大人ひとり210円程度です。)

料金

大人:200円
高校生以下:無料

なお、無料公開日もあります。
無料公開日の日程は公式ホームページを参照下さい。

営業時間

営業時間:10時から18時
休館日:毎月第4月曜日

詳しくは、こちらを参照下さい。

NHKスタジオパークのオススメポイント

子どもがNHKの番組で子どもがお世話になっているキャラクターたちが迎えてくれる素敵な施設です。
どの番組・キャラクターが好きかは個人差の大きなところですが、息子が楽しんでいたものを紹介します。

こちらは入場口手前の展示品です。
巨大なガラピコプーのキャラクターたちが迎えてくれます。
キャラクターの前でポーズを取れるようになった息子の成長に感心しました。

今回は、入場してすぐの特別展示スペースにナメコさんがいました。
動かすとなめこの声が聞こえてくる仕組みになっており、楽しそうに遊んでいましたが、あまり馴染みのないキャラクターのため早々に退散。

少し進むとミニシアターがあります。
上映されているのはNHKの番組です。
息子の大好きなトーマスがちょうど上映されていたのでお邪魔しました。
スクリーンは大画面ですが、プロジェクターを使っているため、テレビの方が映像は綺麗でした、笑
映像を見るだけであれば、パスしても良いかと思います。

こちらは、クイズができる展示品。
クイズにはまだ早い年齢ですが、「ピンポーン」と「ブッーブッー」の音が楽しいようでした。

アフレコスタジオで、トーマスの声優に挑戦しましたが、トーマスの代わりに息子の「ガッタン、ゴットン」というリアル電車の声マネが入ってしまいました。

クリエイティブラボでは、「映像のカード」と「音声のカード」を組み合わせてオリジナル映像を作ることができます。
恐竜や動物がたくさん登場する映像を作って楽しんでいました。

こちらは、ネイチャーカメラマンを体験できるコーナーです。
様々なカメラを使って、カメラマンを体験できます。
息子は、リアルに動くコモドドラゴンにびっくりしていました。

最後は、キッズランド。
写真のようなワンワンのお絵かきボードや、「おかあさんといっしょ」のお兄さんとお姉さんと同じ画面で遊べるアトラクション、コッシーと会えるコーナーなど、遊びどころいっぱいです。
訪れる際は、こちらでそれなりに時間を使うと思うので、うまく時間配分してくださいね。

オススメ周辺施設

NHKスタジオパークから、今話題の奥渋谷は近いです。
ランチに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
ちなみにむねりんは、今回は奥渋谷の絶品トルコライス専門店TORICOさんでランチにしました。
一見、子どもが入りにくそうな雰囲気ですが、子ども用の食器はもちろん、ジュースのサービスもあり、子どもOKでした。

 

最後に

NHKの番組の楽しいところを集めた素敵な施設でした。
アニメのキャラクターやドラマのセットが置いてあったりするので、幼児から小学生まで幅広いお子さんが楽しめます。
それでいて、あまり混雑しておらず、並んだりすることは一切ありませんでした。(有料公開日だったからかもしれませんが。)
もちろん見所は多いですが、意外と滞在時間は長くありませんでした。
我が家の場合は、およそ1時間くらいです。

料金も安いのでちょっと立ち寄るにはいい施設ですが、駅から距離があります。
個人的には、このくらい距離があるのであれば、2時間くらいは満喫したいなと感じました。

とはいえ、息子がテレビのキャラクターに会った時の笑顔には、変えられませんが、笑

皆さんもNHKの総本山に表敬訪問されてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA