石油ストーブとの向き合い方

寒い時期には、焚き火で暖まるのが良いですが、どうしてもテントの中の寒さに絶えられない事が出てきます。
特に小さな子どものいる状況でのキャンプでは、あまりの寒さに「もうキャンプなんてこない」などという寂しいことを言われる可能性もあります。
我が家では、春・秋キャンプのために石油ストーブを導入しました。

これまでの経験などを元に、実際の石油ストーブ使い方についてみなさんに共有させて頂きたいと思いますので、ぜひ参考にして下さい!

石油ストーブを使うときの必需品

テントで石油ストーブを使う際に、必ず注意しなければならいない事は、「一酸化炭素中毒」です。
一酸化中毒になると意識が朦朧として程なく体が動けなくなり、そのままの状態では死に至ってしまいます。
年に何度か一酸化中毒で緊急搬送されるという事件も起こっています。
特に睡眠時に一酸化炭素中毒になるとそのまま目覚めないということも。。。

そのため、わが家では一酸化炭素チェッカーを必ず携帯した上で使用するように心がけております。
皆様もテント内で石油ストーブを使うときには、一酸化炭素チェッカーを使用される事をおすすめします。

石油ストーブを使うときのゴールデンルール

一酸化炭素チェッカーだけでは、大変危険です。
チェッカーはあくまで最後のセーフガードですので、一酸化炭素が充満しない環境をどう保つかが一番大事です。
そのため、我が家ではテント内で石油ストーブを使う際にはゴールデンルールを定めています。

  1. 換気が十分に出来る環境を整える。
    具体的な我が家の対策は、下記の2点です。
    1.1 入口の大窓はメッシュを着けて半分以上空ける。
    1.2 空気の通り道を確保するために入口と反対側の小窓も開けておく。
  2. 不完全燃焼による一酸化炭素発生が起こらないように注意する。
    具体的な我が家の対策は、下記の2点です。
    2.1 就寝時にはストーブの上にはやかんなど物を置かない。
    (万が一倒れてしまうと不完全燃焼してしまいます。)
    2.2 ストーブの周り50cmには、十分にスペースを開けておく。
    (当たり前ですが、火事予防です。特に寝袋に気を付けましょう。)
  3. 気密性の高いテント・狭いテントではストーブを使用しない。
    本体が化繊素材(ポリエステル等)の場合、本体の通気性が無いに等しいので、使用に注意が必要です。
    また、2-3人用の山岳用テントの場合、空間自体が狭いので、一酸化炭素が充満しやすいので、危険です。
    我が家は、コットンテントの場合に限りストーブを使用しています。
  4. 寝床からテント出入口までの動線上にストーブは設置しない。
    万が一のときの逃げ道は必ず開けておきましょう。
    寝ぼけていてもストーブにぶつかることがない位置にストーブをおくことが重要です。
  5. 一酸化炭素チェッカーを設置する。
    空気より若干軽いので、あまり設置位置にこだわりはありません。
    火災報知器では天井から20cmを推奨していますが、家ほど気密性はないので、顔くらいの位置でよしとしています。

石油ストーブの積載方法

石油ストーブの運搬時には、燃料漏れを防ぐため空のタンクが良いです。
我が家の場合、ストーブの燃焼時間は大体の12時間程度ですので、Check-out時間に燃え切るように、大体夜の7時頃にストーブを入れるようにしています。
どうしてもCheck-outに間に合わない場合には、タンクを抜いて給油口を上むきにして持って帰っています。
このやり方で、今のところ車の中を灯油臭くした事はありません、笑

なお、ストーブ購入時にストーブの燃焼部にダンボールのカバーが付いていると思いますが、これは絶対に捨てないで下さい。
これを輸送時に付けておく事でガラスでできている燃焼部を保護することができます。

最後に

石油ストーブを使用すると大変快適な早春・晩秋キャンプを楽しむことができます。
最近買ったキャンプギアの中で満足度・活躍度No.1であることは間違いありません!!

なお、本記事は、テント内の石油ストーブ使用を推奨するものではありません。
使用環境により安全への配慮は異なりますので、石油ストーブをテント内で使用する場合には自己責任のもので使用ください。

みなさまも楽しいキャンプライフが送れますように!!

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA