夏本番 忘れてはいけない熱中症対策

「夏休みを利用してお子さんとたくさん遊ぶぞ!」と意気込んでいるぱぱも多いと思います。

ちょっと待って下さい、お子さんの熱中症対策されていますか?

子どもは具合が多少悪くても楽しいと遊び続けてしまい、動けなくなるまで具合が悪くなってから熱中症に気付くということになりかねません。

そんなことにならないためにも、事前に押さえておくべきポイントを紹介しますので、是非参考にしてください。

1. 水分補給と体調確認をこまめにする

子どもは大人に比べて地面に近く暑い環境にいます。
早すぎるかなと思うタイミングで水分補給を促しましょう。

子どもは楽しいと喉の渇きを忘れるので、子どもが「喉乾いた」という前に飲ませる習慣をつけましょう。
また、子どもとはしゃぎ過ぎて水分補給を忘れることがないようにも気をつけて。(むねりんはこのパターンが多いですが。)

水を飲みたがらない時には、いろはすなど、果物の香りと甘みのついた水がオススメですよ。

また、熱中症の初期症状である「頭痛吐き気」がないかこまめに子どもに確認してあげましょう。

2. 直射日光を受けない工夫をする

室内や日陰で遊んでくれるのが一番ですが、なかなかそうもいきません。

そんな時は、最低限帽子はかぶるようにしましょう。

帽子をかぶるのを嫌がる時には、「お兄ちゃんに見えるよ」とか「かっこいいよ」などと持ち上げてあげるとすんなり被ってくれることが多いです。

3. 自転車のヘルメットは、要注意

子どもが自転車に乗る際に被るヘルメットはどうしても通気性が悪く熱がこもりやすいです。

試しに出かけた際にヘルメットに手を当ててみて下さい。

表面がかなり熱くなっていることがわかります。

そんなヘルメットでずっと頭を温めていると、具合が悪くなりますよね。

ですので、自転車で出かける時間を長くしないようにしてあげて下さいね。

ペダルなし自転車(ストライダー)や三輪車にハマっているお子さんは、こまめに休憩を取って体調の確認をしてあげて下さい。

頭に水をかけたりするのも効果的ですよ。
(ママにはないしょです。)

4. 日焼け対策をする

熱中症とは直接関係はありませんが、日焼けは体力を奪います。

体力が少なくなると暑さに対して弱くなり、そこから熱中症に繋がる可能性もありますので、外出の際には日焼け対策をしておくに越したことはありません。

クリームタイプの日焼け止めも良いですが、動き回る子どもに対しては塗るのは億劫になりがちです。

そんな時には、スプレータイプの日焼け止めがオススメです。
水分を取らせている間にさっと日焼け対策ができますよ。

5. 万が一ぐったりしてしまった場合には

あってはなりませんが、万が一熱中症になってしまった場合の対処法を知っておくことは大変重要です。

子どもの熱中症のサインは、吐き気がある頭痛がある意識が朦朧としていると行ったものです。

お子さんの具合がおかしいと感じたら、とにかく冷房の効いた部屋や日陰で休んで水分を取りましょう。

また、冷たいペットボトルや氷を入れた袋を首筋・脇の下・足の付け根にあて体を冷やすようにしましょう。

冷えピタなどは、涼しく感じるだけなので効果はありませんから、熱中症の時には使わないでくださいね。

なお、痙攣など明らかに異常がある場合には、より重篤な熱射病の疑いもあるので救急車を呼ぶことも考えましょう。

最後に

子どもの熱中症対策は、子どもへの「気配り」と「コミュニケーション」が大切です。
適切な対策をして、夏のお出かけを目一杯楽しみましょう!!

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA