開放感全開のふもとっぱらキャンプ場

冠雪している富士山を見納めるため大パノラマで有名なふもとっぱらキャンプ場に行ってきましたので、紹介します。
(2017年5月末に訪問させて頂きました。)

アクセスと料金

場所は静岡県富士宮市麓156で都心から車で2時間程度。
連休以外であれば、7時ごろ東名海老名付近を通過していれば大きな渋滞に巻き込まれることはないかと思います。
高速料金:片道2,500円(休日割引込み)
ガソリン代:片道2,000円
キャンプ場:一泊4,500円(車+テント:3,500円、タープ追加で1,000円)
薪:500円(近くのミルクランドでは250円で購入可)

チェックインまで

ふもとっぱらの魅力の一つがチェックイン、チェックアウトの時間です。
チェックインは8:30からで、チェックアウトは14:00までです。
そのため、連泊せずとも充実したキャンプが可能です。
また、渋滞回避で早めに家を出ても直接キャンプ場へ向かえます。
(とはいえ、連休はチェックインが混み合うそうなので、ご注意を。)

キャンプ場について

ふもとっぱらは、車乗り入れ可能なフリーサイトです。
敷地も膨大ですので、通常の週末であれば、お隣との距離はほとんど気になりませんので、焦ってサイトを確保する必要はありません。
どこにテントを設営しても富士山が大パノラマで待ってくれています。

比較的入り口から手前のエリアは、テントが密集しがちです。
中央の白いトレーラーハウス(お手洗い)より奥での設営がプライベート感がより保てるのでオススメです。

山間部のサイトですので、訪問・設営するときは雨風をある程度想定して行かれた方がいいかと思います。
サイト内なめらからな窪地も多数あるので、そのような場所を避けて設営しましょう。
砂利道から離れた場所に設営するとお手洗いに行くときに濡れた草むらを通らなければならないので、その点も考慮した方が良いかと思います。
雨の確率に関わらず、夜露で濡れた芝で靴がすぐビショビショになってしまうので、長靴があると大変快適に過ごせます。

お手洗いは、サイト中央のトレイラーハウスになります。
水洗・洋式(ヒータはなし)なので、奥さんの評価もGood。
虫もトレイラーハウス内まで侵入することは少なく、快適です。
アウトドア用のお手洗いとしては、清潔感がある作りと思います。

主な近隣設備、アクティビティ

車で、15分くらいの場所に「風の湯」という温泉があります。
1人900円と強気の料金設定ですが、ふもとっぱらから一番近い温泉です。
そのため我が家はこちらにお世話になることが多いです。
(平日だと、600円/人でオススメ)

観光スポットとしてオススメなのは、「富士花鳥園」です。
鳥とお花を集めた場所ですが、フクロウを中心に様々な鳥、花を展示しており見応えがあります。
鷹が飛んでいる勇姿も観れますのでお時間のある方はぜひ。
(詳細はこちらの記事を参照ください。)

とはいえ、せっかくこのキャンプ場に来たのであれば、ふもとっぱらでのびのび子供と身体を動かすというのが、一番ではないでしょうか。

キャンプ場を訪れてみて

天気の良い日のふもっとっぱらは最高です!
富士山を全身に感じながら、のびのびとキャンプができます。
キャンプ場の整備も行き届いており文句なく5つ星です!

朝夕、緋色に美しく染まる富士山を見に訪れませんか??

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA