高規格な遊び場 お台場アネビートリムパーク

お台場ビーナスフォートを息子と散策していると、一見公園のような一角が突如現れてきました。
訪ねてみると「アネビートリムパーク」という有料室内型公園でした。
お台場という場所にも関わらず、たいへん広い室内を有しており、比較的空いているので息子と2人のびのび遊べました。

そんなアネビートリムパークをパパのお出かけ目線でレポートさせていただきます。
(2017年8月中旬に訪問させていただきました。)

アネビートリムパークの施設紹介

アクセス

りんかい線東京テレポート駅から徒歩10分
地図はこちらを参照下さい。

料金

大人:1,200円(会員価格は、1,000円)
子ども(6ヶ月以上):1,200円/時間(会員価格は、1,000円/時間)

上記は、1時間あたりの料金です。
子どもは、延長時間15分につき300円が追加料金になります。(会員は250円)

会員になるには料金はかかりませんので、ちょっと手間ですが会員となった方がお得です。
むねりんは今回、息子と2人で75分滞在しましたので、2250円+税でした。

いろいろと割引制度もあるようなので、公式ホームページもご確認ください。

営業時間

営業時間:10時から20時(最終入場は18時なのでご注意を)
定休日:年中無休

アネビートリムパークのオススメポイント

大変魅力ある遊び場を提供してくれます。
息子がノリノリで楽しんだアクティビティを中心にレポートします。

全身を使って遊べるアスレチックジムです。
結構難易度高めなので、身体をしっかり使わせてくれます。
息子は、「こわいよー」と言いつつも楽しんでいました。

また、幼児向けの遊具も充実しています。
息子は遊びたそうでしたが、「もうお兄ちゃんだから」と諭すと悲しそうな顔をしながら、理解してくれました。

こちらは、おままごとのセット。
カップ、ティーポット、ケーキが、揃えられており、テーブルでお茶会ができるようになっています。
息子もお姉ちゃん達のティーパーティに混ぜてもらいました。

一番驚いたのは、トーマスの木製レールセットです。
これに息子は大興奮。
転車台まで付いているので、トーマスのアニメを再現したり、わざと脱線させたり、何時間いても飽きなさそうな様子でした。
もともと60分で出るつもりでしたが、ここのおかげで15分延長が決まりました、笑

本格的なトランポリンもあります。
こちらは、使用中に親子1組しか入れません。
そのため、多少並ぶ必要はありますが、ダイナミックに遊ぶことができるので、隙をみて3回ほど使わせていただきました。

アネービリムパークの目玉は、オランダBERG社のペダルゴーカートです。
本格的なレースコースに加えて、きちんと運転できるとライセンスももらえます。
「運転のライセンス」、これは、子ども心くすぐること間違いなしです。

ちなみに2歳だとまだ自分で操作できないので、親が後ろから押しながら遊ぶことになります。
それでも息子は運転したと大変嬉しそうでした。

ちなみに息子は、自分で運転していないのでライセンスはもらえませんでした。
残念!!

最後に

入場料は、子どもと合わせて2,000円をゆうに超えるお値段で正直お高いです。
平日限定の時間無制限だと、親子合わせて3,500円也。
一方で、遊具のクオリティ(品質、新しさ、種類の多さ)は、同様の他の施設では見られないほど高く、値段相応の満足感があります。

お台場を訪れる際には、ぜひ立ち寄りたい施設の1つです。

お台場の高規格な室内の遊び場、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA